産後ダイエット成功秘訣

バナナ2本でダイエット〜豆乳・炭水化物・産後〜

プロフィール

バナナダイエット

叶と申します
パソコンスキルは大してありませんが、ご覧のようなサイトを立ち上げました。有益なサイト作成を目指して日々努力したいと考えています。お役に立つようであれば嬉しい限りです。

ダイエットと一言でいっても数多くあり、自分にできそうなダイエットや自分に合ったダイエットを見つけるとなると大変ではないでしょうか?
そのような中ここで紹介しているバナナを食べるだけのダイエット法ならば、誰でも簡単に取組む事が出来るのではと考えご紹介しています。
ダイエットされたい方は一度取組んでみては如何でしょうか。
思ったより簡単にダイエットできるかもせれませんよ!

バナナダイエット

産後ダイエット成功秘訣

産後ダイエット成功秘訣は、何かあるのでしょうか? 妊娠後は、行動や運動その他にも、普段少し身体を動かすことも制限されることが多くなってきます。

妊娠全期にかけて走らない、跳ねたりしない事などや、身体を捻る事さえも控えるようになってきます。

また、お腹が大きくなるにつれ、一つ一つの動作が俊敏に出来なくなり、ゆっくり行動することが多くなってきます。

妊娠中〜産後の生活パターンの変化により身体の各部位の筋肉が衰えてしまったり、筋肉量が減り脂肪の割合が多くなってくると、当然基礎代謝量が低くなりますから、カロリー消費量は低くなり太りやすい体質になってしまうことが考えられるでしょう。

産後は、早く元の体重や体型に戻さなければと焦る気持ちも湧いてきますが、無理なダイエットを行なうと後々体調を崩したり、より以上に基礎代謝を低下させ太りやすい身体にもなりかねませんね。

まずは、妊娠中に衰えてしまった筋力や筋肉を取り戻すことに重点をおき、筋力の回復とお産で開いてしまった骨盤を締めることに重点をおきましょう。

そうのようにすれば、落ちてしまった基礎代謝量を妊娠前に戻すことが可能となりますし、自然に元の体型に戻ることも期待できるでしょう。

産後は上記の理由から、基礎代謝を元に戻す努力を行なわないまま摂取カロリーを抑えるようなダイエットは厳禁ですよ。

この時期、そのようなダイエットを行なってしまうと、今以上に代謝を落としてしまい、太りやすく痩せにくい体質になってしまう可能性が高くなりますので充分は配慮が必要です。

お産した後は、一時的にでも骨盤が開いた状態になっています。

骨盤が上手く元に戻らなければ、開いた骨盤の中に胃や腸が入り込んで、お腹ぽっこりになったり、お尻が大きくなってしまう原因になってしまう場合もあるようです。

開いた骨盤を矯正するために、妊娠中に弱くなった腹筋と背筋の為にも、まず産後1〜2ヶ月の間はリフォーム下着をつけると良いでしょう。

これの効果は、締めることでお腹を引っ込ませる、ウエストを元の状態に戻すという意味合いよりも、開いてしまった骨盤の歪みを正常な状態に矯正するということが目的ですから、ウエストをきつく締め付けるのではなく、やや下腹の方に骨盤の上を締めるような感じで巻くと効果的でしょう。

       
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。