食生活の改善と産後ダイエット

バナナ2本でダイエット〜豆乳・炭水化物・産後〜

プロフィール

バナナダイエット

叶と申します
パソコンスキルは大してありませんが、ご覧のようなサイトを立ち上げました。有益なサイト作成を目指して日々努力したいと考えています。お役に立つようであれば嬉しい限りです。

ダイエットと一言でいっても数多くあり、自分にできそうなダイエットや自分に合ったダイエットを見つけるとなると大変ではないでしょうか?
そのような中ここで紹介しているバナナを食べるだけのダイエット法ならば、誰でも簡単に取組む事が出来るのではと考えご紹介しています。
ダイエットされたい方は一度取組んでみては如何でしょうか。
思ったより簡単にダイエットできるかもせれませんよ!

バナナダイエット

食生活の改善と産後ダイエット


産後の食事で、第一に気をつけなければいけな事は脂質の摂りすぎです。

脂質は母乳に必要な成分なのですが、あまり多く摂ると乳腺がつまりやすくなり、乳腺炎になる恐れが考えられます。


☆ 栄養を心がける

食事の内容は、高タンパクで低脂肪を心がけると同時に、水分やミネラル、ビタミン」をしっかり摂るように心がけましょう。

それと、産後は便秘になりやすいために、食物繊維も少し多めにとるように注意してください。


☆ 規則正しい食事

1日2食などにすると一回の食事のカロリー摂取量が増え、結果肥満につながりやすくなりますので、1日3食を規則正しく摂ることが大切です。

また、夜は胃腸の働きが弱くなり、取り込んだ栄養分が体内に蓄積されやすくなりますので、夕食は少し早い時間に済ませるような癖をつけましょう。


☆ よく噛み食べ

人間の身体は、満腹になってから脳が満腹だと認識するまで、少し時間差があります。

早食いをする方は満腹を認識するまでの間も食べ続けることになりますので、結果的に食べ過ぎてしまう可能性が高くなります。

それと、よく噛むことによって満腹中枢を刺激して、満腹感を感知しやすくなります。

食事のときは、味わいながらゆっくり噛んで、満腹中枢を正常に働くようにしてやりましょう。


☆ カロリーの調整

基礎代謝を上げて骨盤を正常にに矯正しても、カロリーの摂取量が多すぎると当然太ってしまいます。

そうかといって、無理なカロリーの抑制は身体にも精神衛生にもよくありませんし、ストレスも溜まってしまい、リバウンドを誘発することにもなりかねません。

ストレスを溜めないで、必要な栄養を適量確保しながらカロリーを調整する工夫が大切です。

       
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。