低炭水化物ダイエットを考える

バナナ2本でダイエット〜豆乳・炭水化物・産後〜

プロフィール

バナナダイエット

叶と申します
パソコンスキルは大してありませんが、ご覧のようなサイトを立ち上げました。有益なサイト作成を目指して日々努力したいと考えています。お役に立つようであれば嬉しい限りです。

ダイエットと一言でいっても数多くあり、自分にできそうなダイエットや自分に合ったダイエットを見つけるとなると大変ではないでしょうか?
そのような中ここで紹介しているバナナを食べるだけのダイエット法ならば、誰でも簡単に取組む事が出来るのではと考えご紹介しています。
ダイエットされたい方は一度取組んでみては如何でしょうか。
思ったより簡単にダイエットできるかもせれませんよ!

バナナダイエット

低炭水化物ダイエットを考える


低炭水化物ダイエットのことを、一部では、炭水化物ダイエットとも呼ばれている場合があるようです。

正式名称が、アトキンス式ダイエットのことを、炭水化物ダイエットと呼び、炭水化物の制限を緩くしたものを、低炭水化物ダイエットと呼んでいる方もおられるようです。

それと、低炭水化物ダイエットと低インシュリンダイエットを、同じものとして考えて見える方もおられます。

実は、これらは間違いではないでしょうか。恐らく、各々のダイエット法を知らないで、勝手にそのように呼んでいるだけなのでしょう。

また、噂程度の情報が伝わり、誤った認識になったのかもしれません。

アトキンス式低炭水化物ダイエットは、まれに炭水化物抜きダイエットと呼ばれていることもありますが、アトキンス式低炭水化物ダイエットというものは、炭水化物抜きではないということです。

何故なら、厳しい炭水化物制限を行うのは最初の2週間のみで、そのあとは、様子を見ながら炭水化物の摂取量を増やして行く方法だからです。この辺りが誤解されてい原因かもしれません。

アトキンス式低炭水化物ダイエット開始当時、私の体重は健康を害するほどのレベルで、医者にいわれて減量を試みました。

一時は、ほんのわずか下がりましたが、今まで常識とされた低カロリーダイエットでは大した効果もなく、これまでの常識は何かへんだと思い始めていました。

あるとき、偶然に本屋でアトキンス本を見つけました。

無論、この情報が正しいのかは疑わしい点もありますが、これまでの常識自体が正しいということも言いきれませんし、炭水化物の代謝のメカニズムの、代謝=カロリーと言うモデルではない、正しい解釈に基づいたダイエット方法だと思いました。

今まで、肉類は脂肪が多くカロリーが高いため、避けるべきだとされてきました。カロリー説だけを信用すると、脂肪を控える低脂肪ダイエットへと向かっています。

低炭水化物ダイエットでは、蛋白質と脂肪は必要十分な摂取量を確保し、炭水化物の摂取量を制限せよと説いていますので、本当のところはどうなのでしょうか。

       
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。