炭水化物ダイエットと物質の関係

バナナ2本でダイエット〜豆乳・炭水化物・産後〜

プロフィール

バナナダイエット

叶と申します
パソコンスキルは大してありませんが、ご覧のようなサイトを立ち上げました。有益なサイト作成を目指して日々努力したいと考えています。お役に立つようであれば嬉しい限りです。

ダイエットと一言でいっても数多くあり、自分にできそうなダイエットや自分に合ったダイエットを見つけるとなると大変ではないでしょうか?
そのような中ここで紹介しているバナナを食べるだけのダイエット法ならば、誰でも簡単に取組む事が出来るのではと考えご紹介しています。
ダイエットされたい方は一度取組んでみては如何でしょうか。
思ったより簡単にダイエットできるかもせれませんよ!

バナナダイエット

炭水化物ダイエットと物質の関係


炭水化物やたんぱく質をそれぞれ約1g摂取した場合の産生熱量は4キロカロリーに対し、脂肪はと言うと9キロカロリーと大変に効率のよいエネルギーなんです。ですから、摂りすぎると太ってしまうわけです。

その脂肪酸は、食用油に含まれるものと、食材自体に含まれるものと2種類があるようです。食材に含まれるものとしては、肉の脂だけでなく、穀類、豆類、魚介類、卵や乳製品などにも含まれています。

我々人間が摂っている脂肪酸はほとんどこの食材からと言われています。

俗に油ものは身体によくないと言われていて、誰もがそう思って見えるかもしれません、実際、食用油に気を使っている方も多いと思いますが、本当に怖いのは、目に見えない脂なんですよね。

例えば、ケーキ、クッキー、クラッカー、パン、乳製品、マーガリン、ファストフード、ポテトチップス、ポップコーン、ドレッシング、マヨネーズ、キャンディー、などなどなどきりがありません。

でも、これらの食品を食べてはいけないと言っているわけではありませんよ。ただ、現在の身体のどこかに疾患がある方や、免疫力が低下している方は、このような目に見えない油が身体に蓄積され、悪影響をを与えることを忘れないようにしましょう。

どうしても食べたいと思われる方は、このような基準で選んでみては如何でしょうか?

・ 材料を吟味して使用している良心的な個人経営の店や、信用の置ける専門店など。

・ なるべく、作りたてや焼きたての商品を購入するようにしましょう。

・ 商品の価格には、安心料も含まれているので安心できるお店を選びましょう。

そして一番重要なことは、適量をいただくことが肝心です。

量より質と言う考え方で、望む方がよいのではないでしょうか?

       
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。