バナナの構造

バナナ2本でダイエット〜豆乳・炭水化物・産後〜

プロフィール

バナナダイエット

叶と申します
パソコンスキルは大してありませんが、ご覧のようなサイトを立ち上げました。有益なサイト作成を目指して日々努力したいと考えています。お役に立つようであれば嬉しい限りです。

ダイエットと一言でいっても数多くあり、自分にできそうなダイエットや自分に合ったダイエットを見つけるとなると大変ではないでしょうか?
そのような中ここで紹介しているバナナを食べるだけのダイエット法ならば、誰でも簡単に取組む事が出来るのではと考えご紹介しています。
ダイエットされたい方は一度取組んでみては如何でしょうか。
思ったより簡単にダイエットできるかもせれませんよ!

バナナダイエット

バナナの構造


バナナは永年生草本であり、1つの株に果実が付く頃にはその次世代の株が育っており、品種によっては次々世代の株まで発現しています。

バナナの本当の茎は地下にある塊茎であり、地上に見えている部分は偽茎と呼ばれています。

塊茎は白色で主にでんぷんが貯蔵されており、地表面近くの中心に生長点があります。

ジャガイモと同じように、1つの塊茎には幾つかの芽があって、ある段階になるとそこから次世代の吸芽が発芽します。

大いに環境条件に左右されますが、バナナの根は1つの塊茎からおよそ300本程度生え、その約半分が土壌深度20cmまでの浅いところに存在すると報告されています。

一方の偽茎は、塊茎から伸長した葉鞘が幾重にも重なり合って形成されています。

バナナの葉は花序が発現する頃まで発生し、1株あたりの全葉数は35〜45枚といわれています。

葉は非常に細長の楕円状で、生長するにしたがって大きくなって、最長で3.5mほどにもなります。

雄花というのは雄花序の内部に2列に並んでいる小さな花で、外側の苞を剥がすと見ることができます。

バナナの花には雌花、中性花と雄花とがありますが、発育して果実となるの雌花だけのようです。

バナナの雌花は果軸の基部から中央付近に発生し、果軸の先端に雄花、その中間に中性花がそれぞれ着生しています。

果柄とはバナナの果軸と1本1本の果指とを結ぶ部分、つまり分かりやすくいえば、バナナの皮を剥くときに最初に手に持つ部分のことです。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。