バナナの雑学 3

バナナ2本でダイエット〜豆乳・炭水化物・産後〜

プロフィール

バナナダイエット

叶と申します
パソコンスキルは大してありませんが、ご覧のようなサイトを立ち上げました。有益なサイト作成を目指して日々努力したいと考えています。お役に立つようであれば嬉しい限りです。

ダイエットと一言でいっても数多くあり、自分にできそうなダイエットや自分に合ったダイエットを見つけるとなると大変ではないでしょうか?
そのような中ここで紹介しているバナナを食べるだけのダイエット法ならば、誰でも簡単に取組む事が出来るのではと考えご紹介しています。
ダイエットされたい方は一度取組んでみては如何でしょうか。
思ったより簡単にダイエットできるかもせれませんよ!

バナナダイエット

バナナの雑学 3


バナナの生産量は70年代前半には首位の座がふたたびエクアドルに渡りました。

この事は、エクアドルが60年代後半からキャベンディッシュを輸出するようになったこと、台湾とは違い冬でも安定的に出荷できること、そして逆に台湾は台風被害に遭ったことなどが主な理由のようです。

しかし不幸にも、このようなエクアドルの飛躍はまたもや長く続かなかったようです。

この事があって以降の日本のバナナ市場に決定的な流れをつくり出しました。

1963年に輸入が自由化されたのと前後して、日本のバナナ市場に目を付けていたユナイテッド・フルーツ社や、キャッスル&クック社と、デルモンテ社の3社は、相次いでフィリピン、ミンダナオ島に進出したからです。

上記は、チキータ、ドール、デルモンテというブランドで広く知られます。

台湾と違い台風の通り道でなく、エクアドルより地理的条件の有利なこの島で、彼らは大規模な土地を確保してバナナ・プランテーションを開設していきました。

生産の主な担い手となった現地労働者は、不安定な身分と厳しい条件のもとで働かされていたと記録されています。

日本のバナナ輸入先は60年代まで台湾、70年代前半にはエクアドルがトップとなりましたが、それ以降は4大多国籍企業によりフィリピンが高いシェアを維持していたようです。

近年の輸出向けの品種群の傾向に関して見ると、フィリピンやエクアドルではキャベンディッシュ系統がほとんどのようです。

近頃では、各企業が品種改良や高地栽培等で付加価値を加えたプレミアム・バナナを積極的に商品化し展開しているのが現状です。

フィリピンやタイなどの生産者団体と、日本のNGOや生協が提携し、主に有機栽培により生産されたバナナを日本に輸入しています。

全体として近年のバナナ輸入量は増加の傾向にあり、2000年には107.9万トンと1972年のピーク時以来の規模を記録しています。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。