バナナの雑学 1

バナナ2本でダイエット〜豆乳・炭水化物・産後〜

プロフィール

バナナダイエット

叶と申します
パソコンスキルは大してありませんが、ご覧のようなサイトを立ち上げました。有益なサイト作成を目指して日々努力したいと考えています。お役に立つようであれば嬉しい限りです。

ダイエットと一言でいっても数多くあり、自分にできそうなダイエットや自分に合ったダイエットを見つけるとなると大変ではないでしょうか?
そのような中ここで紹介しているバナナを食べるだけのダイエット法ならば、誰でも簡単に取組む事が出来るのではと考えご紹介しています。
ダイエットされたい方は一度取組んでみては如何でしょうか。
思ったより簡単にダイエットできるかもせれませんよ!

バナナダイエット

バナナの雑学 1


今でこそメジャーな食べ物、バナナは、高い栄養価に加えて優れたカロリー収量をもち、今日では年生産量が1億トンを越えると言われている世界的に重要な食料となっています。

バナナには、フィリピンなどで顕著に見られるプランテーション型農法から、小農が担い手となる在来農法に至るまで、さまざまな栽培様式や方法がみらています。

それと、先進国におけるデザートとしての消費に限らず、東南アジア、アフリカでの主食や酒などの食文化、紐や布などの物質文化、儀礼での使用などの精神文化に至るまで、多彩に利用されるようになってきました。

バナナは元々マレー半島を中心とした東南アジアの湿潤地帯で栽培されたと考えられています。

今日でも、この一帯の森林部に野生種のムサ・アクミナータが幾種類も分布していますので、そのようなことからでも判ります。

また、インドネシアだけで15種類の変種があると報告されています。

一方、フィリピンやインド北東部には、別の野生種群ムサ・バルビシアーナが見られるそうです。

パプア・ニューギニアにおけるバショウ属の種の多様さから、この島が起源の1つと考える説もあるようです。

栽培化されたバナナは、紀元初期にポリネシア人によって太平洋の島嶼部へもたらされたと言われています。

アフリカへのバナナの伝播経路については諸説色々とありますが、それは、紀元前1000年頃の東アフリカ地域へのプランテンの到来や、アクミナータ系バナナの到来、それ以後のその他のバナナの到来など、紀元1500年前後のポルトガル人による西アフリカ地域へのバナナの導入まで継続的、重層的なものであったと推定されています。

アフリカに到来したバナナは、体細胞突然変異と農民による意図的、非意図的な人為選択を介して品種レベルで多様化し、その栽培と伝播における人間との密接な相互交渉を通じて、東アフリカ、中部アフリカ、西アフリカに独自のバナナ栽培文化が生みだされていきたと言われています。

アメリカ大陸に関しては、アフリカよりずいぶん遅れて1516年頃に、西アフリカと同様にポルトガル人の手によって、中米カリブ海のカナリア諸島へ初めてバナナがもたらされたと報告されています。

今日のように、グローバルな商品作物としてバナナが扱われ始めたのは、19世紀後半になったからのことだそうです。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。