バナナの皮は何故滑るのか

バナナ2本でダイエット〜豆乳・炭水化物・産後〜

プロフィール

バナナダイエット

叶と申します
パソコンスキルは大してありませんが、ご覧のようなサイトを立ち上げました。有益なサイト作成を目指して日々努力したいと考えています。お役に立つようであれば嬉しい限りです。

ダイエットと一言でいっても数多くあり、自分にできそうなダイエットや自分に合ったダイエットを見つけるとなると大変ではないでしょうか?
そのような中ここで紹介しているバナナを食べるだけのダイエット法ならば、誰でも簡単に取組む事が出来るのではと考えご紹介しています。
ダイエットされたい方は一度取組んでみては如何でしょうか。
思ったより簡単にダイエットできるかもせれませんよ!

バナナダイエット

バナナの皮は何故滑るのか


昔のいたずらで、床にバナナの皮を床に置いて滑って転ばせるという記憶が多くの方はあると思いますが、何故バナナの皮で人は滑るのでしょうか?そんな事考えた事はないという方が大半ではないでしょうか。

そんな素朴な疑問を解決すべく取り上げてみました。

人は歩くときには本能で、足の裏と地面の間の摩擦を上手に利用しています。

ところが、突然バナナの皮が置いてあったり、道の1カ所だけに氷が張っていたりすると、本能で予想していた摩擦よりも小さく、足の裏に摩擦がはたらかないために足がすべるからです。

当たり前のことですが、スケート場の氷の上でも同じ現象が体験できると思いますが、通常より摩擦係数が大幅に減少するからですね。

つまりバナナの皮が、物と物との間に入って摩擦を小さくする油と同じ働きをしているのです。

そのような中で特に、天然の植物油はよく滑ります。

自転車のチェーンや錆びたドアのヒンジ部分に油を塗ると、摩擦が小さくなって滑りやすくなるという事は何方でも知っていると思いますが、それはすべての技術に通じています。

例えば、古代の機織り機や風車をはじめ、船の舵をスムーズに動かすためにも油を使っていました。

この作用は潤滑効果と呼ばれるもので、油は潤滑効果の高い物質といえます。

しかし、ただ油なら何でも良いわけではなく、効果は油の種類によって違いがあり、主な成分が同じでも産地や処理の仕方が違うと微妙に違うことがあります。

一般的には純粋な油よりも、いろいろな成分を含んでいる油の方が効果が大きいといわれており、スイス時計に使用されていた鯨の油などの動物油や天然の植物油は優れた効果を表すと言われています。

バナバの皮も、この油のように潤滑作用があり、摩擦係数を減らすために良くすべると言う事に他なりません。

このバナナのすべり作用を何かに役に立つ事に利用できれば、特許が取れて思わぬ事が起こるかもしれませんね。

でも、少し現実的ではないかも知れませんが。

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。