バナナのマメ知識

バナナ2本でダイエット〜豆乳・炭水化物・産後〜

プロフィール

バナナダイエット

叶と申します
パソコンスキルは大してありませんが、ご覧のようなサイトを立ち上げました。有益なサイト作成を目指して日々努力したいと考えています。お役に立つようであれば嬉しい限りです。

ダイエットと一言でいっても数多くあり、自分にできそうなダイエットや自分に合ったダイエットを見つけるとなると大変ではないでしょうか?
そのような中ここで紹介しているバナナを食べるだけのダイエット法ならば、誰でも簡単に取組む事が出来るのではと考えご紹介しています。
ダイエットされたい方は一度取組んでみては如何でしょうか。
思ったより簡単にダイエットできるかもせれませんよ!

バナナダイエット

バナナのマメ知識


バナナが育つ最適な環境は、年間降水量が約2.500mm、平均気温27度の湿った気候が最適とされています。

北緯30度〜南緯30度迄の熱帯・亜熱帯地域で育ち、日本では亜熱帯に位置する沖縄県や小笠原諸島でも栽培されている事は広く知られています。

バナナの主な輸出国はアジア地域ではフィリピン、中南米地域ではエクアドル・コスタリカ等の国々で、これらの国々が世界の輸出量の大半を占めていると言われています。

尚、輸出はほとんど行ってないものの、ブラジルやインド、タイでも栽培は行われており、主に自国で食用として消費されています。


○ バナナの生産地

台湾産バナナ : 年間約325万ケースが日本に輸出されていると言われています。

フイリピン産バナナ : 年間約109百万箱が世界に輸出され、そのうち日本が主要輸出国となっているようです。

南米産バナナ : 他の産地のバナナに比べると日本への輸出量は少なく、あまり見かけないバナナではないでしょうか。

メキシコ産バナナ : 他の産地のバナナに比べると日本への輸出量は大変少なく、知る人が少ないバナナかもしれません。

ブラジル産バナナ : ブラジルは世界でも有数のバナナの生産量を誇りますが、ほとんど海外に輸出されていませんので日本国内でもまず見かけません。

インド産バナナ : インドは世界でも第一のバナナの生産量を誇りますが、自国で大半を消費していますので輸出される事はほとんどありません。

中国産バナナ : 日本への輸入量の約0.4%しか輸出されていると言われていますので、あまりお目にかかれないバナナです。

以上のようにバナナといって色々な産地があり、種類も数多くあります。

何時も、スーパーなどで買ってくるバナナは、何処の産地なのかを確認する事も大切かもしれません。

今は、食の安全が特に問われる時代ですので、私たちの口にじかに入る食べ物の事を調べる必要があるのではないでしょうか?

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。