バナナの歴史

バナナ2本でダイエット〜豆乳・炭水化物・産後〜

プロフィール

バナナダイエット

叶と申します
パソコンスキルは大してありませんが、ご覧のようなサイトを立ち上げました。有益なサイト作成を目指して日々努力したいと考えています。お役に立つようであれば嬉しい限りです。

ダイエットと一言でいっても数多くあり、自分にできそうなダイエットや自分に合ったダイエットを見つけるとなると大変ではないでしょうか?
そのような中ここで紹介しているバナナを食べるだけのダイエット法ならば、誰でも簡単に取組む事が出来るのではと考えご紹介しています。
ダイエットされたい方は一度取組んでみては如何でしょうか。
思ったより簡単にダイエットできるかもせれませんよ!

バナナダイエット

バナナの歴史


バナナがいつ頃から栽培され始めたのかは定かではありませんが、一説によると紀元前8000年〜紀元前3000年頃には東南アジア地域で食べられていたと言う話もあります。

その後、紀元前2000〜紀元500年頃までにはインド、東アフリカまでに伝わり、エジプトなどにも交易品として持ち込まれていたと言う記録もあるようです。

そして、アメリカ大陸に伝わったのは、ポルトガル人がバナナを発見した15世紀以降のことだそうです。

西アフリカからハイチを経由して、中央アメリカや南アメリカへと伝わったとも言われています。

日本には、ポルトガル人宣教師ルイス・フロイスから織田信長に献上されたものが日本でのバナナ第一号だと言われています。

そのような記録が残っているそうです。

日本に正式にバナナの輸入が開始されたのは1903年と言われ、台湾産のバナナだったそうです。

バナナの保存方法については、青さが残ってかたいものは未熟なので常温で追熟させます。

冷蔵庫に入れると黒く変色して味が落ちてしまうので避けましょう。

また、どうしても冷やしたものを召し上がりたい場合は1本ずつビニール袋に密封して冷蔵庫の野菜室へ入れましょう。

それ以外では、皮をむいてラップでくるんで冷凍するという方法もあります。

なお、房のあるバナナは吊すようにするか、盛り上がり部分を上にして保存するようにしましょう。

美味しいバナナの見分け方は、付け根が新鮮で果皮が黄色く色づいたものを選ぶようにしましょう。

果皮に茶色の斑点「シュガースポット」が出てくると丁度食べ頃で、果肉がやわらかくなり甘みが強くなりますので覚えておくと良いですよ。

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。